所有権移転登記とは?

所有権移転登記とは:

不動産登記形態の一つです。不動産(不動産登記法においては土地及び建物)の所有権が現在の登記名義人から他人に承継された場合、第三者に対抗するためには原則として所有権移転登記が必要となります。所有者として一番初めに登記した場合は「所有権保存登記」をすることになりますが、それ以降に前の所有者から不動産を譲りうけた場合は、「所有権移転登記」をすることになり、どういった理由で(例えば売買など)所有権移転したかも記載されることになります。

日本全国対応のアイアイ不動産担保ローンにまずはご相談を!