築年数で比較する不動産担保ローン(築一年で借りる)

不動産担保ローンにおいて、築年数の浅いマンションなどは、有利に働くことが多いです。
しかし、ローンの残高が多額となると、新築だからといって必ずしも高額融資が可能であるとはいえません(物件の評価額がローン残高で相殺されてしまう為)。
では、築30年のマンションで、住宅ローンが残り数年というマンションならよい条件で2番抵当権が組めるかと言うと、築30年のマンションは流通性に欠け、売却の際に買主が得る利益が少なくなるという理由から評価額が下がる傾向にあるようです。
しかしながら築年数は古くても、主要駅の駅前や最高立地の物件であれば、評価がよくなる場合もあります。

このように、不動産担保ローンは築年数も大事な要因のひとつではありますが、不動産の地域やエリア、土地の広さ、一戸建てかマンションかによっても融資額が大きく変わってきます。
評価も条件が複雑で一概には言えませんが、専門家がきちんと鑑定してくれる所で相談してローンを組むことをお勧めします。

日本全国対応のアイアイ不動産担保ローンにまずはご相談を!