不動産担保ローンを共有名義で利用するには

配偶者など、家族との共有名義になっている不動産でも、担保にしてローンを組むことができます。
不動産の全体を抵当に入れる場合は共有者の同意が必要になります。
しかし不動産の全体を担保にする場合より借りれる額が低くなりますが、ご自身の持ち分のみを担保としての借り入れもできます。

共有名義の不動産は扱っていない所も多いですが、ここでご紹介しているのは、共有名義の不動産でも担保として融資してくれる金融会社です。
最大限希望に添えるよう対応してくれるので、まずは相談されてみることをお勧めします。

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン