住宅ローンが残っていても利用できる不動産担保ローン

通常のローンのキャッシングがなかなか借りづらくなっている中、不動産を担保にしたローンが脚光を浴びてきています。
その理由としては、不動産を担保にして抵当権を設定するので、無担保の通常のキャッシングよりも貸し倒れ率が低く、消費者金融側も安心して融資できるからです。
抵当権の設定順位の上位は銀行等なので、貸す側からすると絶対に安心という訳ではありませんが、それでも通常のローンやキャッシングよりはるかに低い金利でまとまったお金を借りる事ができます。
低い金利で長期間借りれるため、返済計画が立てやすく、いくつか利用しているローンをまとめるために利用する方が多いようです。
不動産担保ローンでせっかく一本化しても、また他社で借金を繰り返しては意味がないので、しっかりと計画を立てて利用するようにして下さい。

住宅ローンが残っている状態で不動産担保ローンを利用できるのか心配される方もいらっしゃいますが、住宅ローン等の債務が無い状態で融資を申し込みする方はまれで、ほとんどの方が住宅ローン支払い中の状態で利用を希望されます。
まずは専門家に相談してみる事をお勧めします。

日本全国対応のアイアイ不動産担保ローンにまずはご相談を!