借りれる不動産担保ローン(総量規制対象外)

不動産を活用したローンでは、多くの場合年収の三分の一を超えても借入が認められています。例を挙げると、

(例1) 賃貸アパートや駐車場といったご自宅以外の不動産を担保とする場合
(例2) 個人事業主の方の事業資金や借換え資金、開業資金など
(例3) 複数の貸金業者からのお借入を一本化する場合

これらについてが取扱いの対象となります。
(例3)については、この借換えが貸金業法の定める「有利借換」に該当すれば借入が可能です。
※有利借換とは、顧客に有利となる借換えや借入残高を減少させるための借換えのことです。

不動産を担保にローンを考えている方は、ご自身がどのケースにあてはまるのか、借りるならいくらぐらい借りれるのか、気になる所だと思います。
ヒアリングに力を入れている、相談のみでも無料で対応してくれる金融会社でお話しされてみると、具体的な解決策が見つかるかもしれません。

日本全国対応のアイアイ不動産担保ローンにまずはご相談を!