不動産を担保に600万円借りたい

500万円以上の金額を融資してもらいたい場合、担保や保証人なしでお金を借りるのはかなり難しいと思います。
金融法改正に伴って、年収の三分の一を超えて借入れ出来なくなったので、500万円を借りるにしても、1,500万円以上の年収が必要という事になります。
一般的な消費者金融では上限額が500万円となっている所がほとんどですし、あまり大きい金額だと保証なしで貸すのは難しいです。

いっぽう不動産を担保にすれば、不動産の価値に見合った大きな金額を借りる事ができます。金利も抑えられますし、返済期間も長期で少しずつ返す事ができるため、借換えなどにも向いています。返済計画を余裕を持って立てられるになるので、人生設計を立て直すことも可能です。

不動産を担保に600万円借りたい