家族名義でも借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンは、対象の不動産の名義人本人でなければ借り入れできません。
たとえば父と息子の関係でも、名義人である父親に黙って息子が不動産担保ローンを借りることはできません。
ただし、父親の同意があれば借り入れは可能です。この場合は、父親の名前でお金を借りることになります。

また、家族の誰かと共有名義の不動産を担保にローンを組む場合、トラブルを避けるためには共有名義人に相談するほうがベターです。
しかし、共有名義のご自身の持ち分の範囲内の借り入れであれば、共有名義の相手に黙ってお金を借り入れすることができます。

家族名義でも借りれる不動産担保ローン