開業資金に困った時の不動産担保ローン

ノンバンク系の不動産担保ローンは、事業性資金として使うのに向いています。
特にこれから起業しようとしている方など、新しく起業する前は、無職の期間がある場合が多いと思います。
不動産担保ローンの借り入れ条件は金融機関によって異なりますが、ノンバンク系の金融会社では無職でも貸してくれるところもあります。

一般的には無職だと借り入れができませんし、不動産などの担保があっても、銀行から融資を受けることは難しいことが多いです。
ですがノンバンク系では、不動産担保ローンの審査基準の柱になるのが、担保となる不動産の不動産評価額です。したがって、その他の条件も十分考慮されるものの、この不動産評価さえしっかりしていれば、比較的融資してもらうことは難しくありません。

不動産評価額の他に評価で重視されるのが、その会社や業界の将来性や、事業主や従業員の事業意欲などです。借り入れの申し込みでこの点をきちんとアピールできた事業者は、良い条件で融資してもらえるケースが多いようです。

開業資金に困った時に役立つ不動産担保ローン