二番抵当でも借りれる不動産担保ローン

第二抵当でも不動産担保ローンを利用できる場合があります。
第二抵当として融資を検討する時、不動産の価値とローン借入額のバランスをみて審査が行われます。担保とする不動産の価値が高く、今までの融資額と新たに借りたい金額を上回っているとき、同じ不動産を担保に新しい融資を受けることができます。

すでに抵当権がついている物件でも、返済が進むと、担保に余力があるがある状態となります。
その余力分に抵当権を付けて、二番抵当として融資してもらうことができます。

下記に載せているのは、不動産担保ローンを取り扱っていて、無料相談があるところです。
申し込みフォームに必要事項を記入するか、電話で問い合わせると、ご自身のケースではどれくらい余力があって、いくらぐらい融資できるのか聞くことができます。
(※申し込みフォームとありますが、相談だけでお金を取られることはありません)

二番抵当でも借りれる不動産担保ローン