高齢でも借りれる不動産担保融資

金融機関によっては完済時の年齢が65歳以下や70歳以下などの年齢条件があります。
近年は65歳以上でも働いている方も少なくありませんし、若い方と比べても健康状態がそん色ない方も多くいらっしゃいます。
これらの事情を考えると、一概に年齢を理由に不動産担保融資を断わることは問題があるのではないかと思いますが、銀行などの金融機関では、高齢だと融資をしてもらえなくなります。

そこで、ノンバンク系の不動産担保ローン融資会社(中堅クラス以上に限る)をお勧めします。
高齢でも借りれる不動産担保ローン

ここでご紹介しているのは、もちろん中堅クラスの不動産担保ローン融資会社(18年以上の実績有り)です。
ここの不動産担保ローンは、まず担保となる不動産を評価の主軸に置きます。そのため、その他の項目もきちんと評価しますが、個人の信用力や属性などは審査の結果にあまり影響しない場合があります。
もちろん信用力や属性は良いに越したことはありませんが、あまり良くなくてもその他の面でカバーできるということです。

条件項目を用意して、そのどれか1つでも引っかかったらダメという審査方法ではなく、色々な条件を考慮して総合的に審査しています。
そのため、年齢を理由に他の融資会社や金融機関では断わられた方でも、ここなら融資してもらえる可能性が高くなっています。

高齢でも借りれる不動産担保ローン