決算が赤字でも借りれるローンは不動産担保ローン

不動産担保ローンは、担保の不動産の価値が評価の柱となりますので、決算が赤字でも融資してもらえる可能性があります。
会社の直近の決算が赤字であっても、今後の見通しがついていると判断された場合は融資を受けられるでしょうし、見通しをつけるために借り入れをする場合でも、きちんとした事業計画があれば、それを評価して融資してくれる可能性があります。

金融機関によっては、担保があるのに企業の業績やこれまでの実績を重視して、よほどの大企業でないと融資を行わないところもあります。
しかしそれでは、ほとんどの中小企業が融資を断られる事になってしまいます。
日本にある会社のほとんどは中小企業なのですから、それを応援する仕組みが充実して欲しいところです。

ここでご紹介している金融会社は、ノンバンクではありますが、20年近くの実績を誇る中堅の消費者金融です。
不動産担保ローンに特化しているところなので、評価のノウハウもあり、全国どこでもその土地の最新の情報を得られるネットワークがあります。
銀行だけでなく、有利な条件で借りられるならノンバンクも視野に入れているという事業者の方に、お勧めの不動産担保融資会社です。

決算が赤字でも借りれるローンは不動産担保ローン