事業性資金が借りたい時に役立つ不動産担保ローン

事業性資金にもいろいろありますが、大きく二つに分けられると思います。
設備投資や起業などにかかる開業資金。
設備資金(メンテナンス費用)、つなぎ資金などの運転資金。

開業資金を銀行から借りるのは至難の業です。なぜなら銀行は実績を重視するため、起業のための資金はよほど属性の良い個人(医者など)でないと貸してもらえません。
ノンバンクであれば事業計画などを評価して融資してくれるため、開業資金の調達先には向いています。

運転資金も経営をしていればかならず必要になるものですが、銀行から借り入れするのは時間がかかります。
ノンバンクは担当スタッフが色々な権限を任されていることが多いため、不動産担保ローンでもスピーディーに融資してもらうことが可能です。そのため、銀行からの審査がおりるまでのつなぎとしても使えます。
また赤字決算でも、今までの実績や事業意欲、将来性などを考慮してくれるため、借りやすくなっています。

事業性資金が借りたい時に役立つ不動産担保ローン