法人の不動産担保ローンならノンバンク融資会社

金融会社大手の場合、審査がマニュアル通りというか、1つでも条件に沿わない部分があったら取り合ってもらえません。
その点ノンバンクの場合は、どこか弱い部分があっても、他の強みのある部分でカバーして総合的に判断してもらうという様に、ある程度融通を利かせてくれます。

中小企業の場合、直近の決算が赤字だったとか、どうしても二三日中に資金が必要だとか、何かしら銀行では対処しきれないケースがあると思います。
そういったケースの時はノンバンクの融資会社を利用するなど、必要に応じて資金先を使い分けるのも方法の一つです。
法人が利用しやすいノンバンクの不動産担保融資会社

ノンバンクの融資会社だと、きちんとした所なのかどうか判断が難しいと思う方もいるかもしれません。
そういう時に目安の一つになるのが、各都道府県や貸金業協会に登録している番号です。
この登録番号を調べることで、正規の融資会社かどうか見分けることができます。
また各都道府県に登録している『○○○知事(△)第□□□□□□号』のような番号がありますが、この()内の数字が大きいほど業暦の長い会社です。
下記は審査のときにそれぞれの事情に合わせて柔軟に対応してくれる、業暦20年の中堅クラスの融資会社です。
事情に合わせて柔軟に対応してくれる不動産担保融資会社