納税資金としても借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンは使い方が自由なローンのため、法人税の納税資金としても利用できます。
使いみちが自由といっても、国や銀行では納税資金としての取扱いは難しいですが、ノンバンクの融資会社であれば大丈夫です。

中小企業の場合だと、運転資金を回すのに精いっぱいで、納税用の現金準備まで手が回らないこともあると思います。
納税するためのお金が期日までに用意できない場合や、現金はあっても別のことで使うことが決まっている場合は、融資を利用して期日までに納税した方が良いと思います。

国からの補助金を受けている、又はこれから受けたいと考えている方は、経営状態と同じく、納税に関しても審査の対象となりますので、きちんとしておく必要があります。
納税の期日が迫っている場合でも、不動産担保ローン専門の融資会社はスピード対応が可能なので、相談してみることをお勧めします。

納税資金としても借りれる不動産担保ローン