自宅を担保に入れて借りれる金額は?

不動産担保ローンというと、どういうシステムなのか、どういう決まりがあるのか、どういう手続きが必要なのか、利用したくてもよく分からないという方も多いと思います。また、総量規制のこともあるため、どのくらいお金を借りることができるのか知りたい方もいると思います。
※総量規制とは、借りて側の生活を守る為の法律で、年収の三分の一までしかお金を借りることができないというものです。

自宅以外の不動産を担保にする場合、総量規制の対象になりません。したがって、担保不動産の価値にもよりますが、年収の三分の一以上の借り入れが可能になります。
しかし、自分が住んでいる家を担保にする場合は総量規制の対象となりますので、どんなに自宅に担保としての価値があっても、やはり年収の三分の一までしか借りれないということになります。

ただし、すでにある借り入れを金利の低い不動産担保ローンで借り替えたいという場合は、担保となる不動産によっては借り換えが可能です。

ここでご紹介している融資会社は売却を前提としていないため、融資の際には審査がありますが、その分『きちんと法に則って経営されている』という信頼感があると思います。
融資スタッフが無理なく利用できる計画を提案してくれますし、相談にはお金がかからないので、返済の見直しを考えている方は、一度相談にのってもらうことをお勧めします。

専門の知識を持ったスタッフが相談にのってくれる・サポートしてくれる不動産担保ローン