親の不動産を担保に資金を借りれる?

不動産担保ローンは原則、融資を希望する本人が不動産を所有している必要があります。
しかし、担保不動産を提供してくれる人の協力があれば、自分の名義ではない不動産でもお金を借りれるケースがあります。

親や兄弟や配偶者など、本人と近い関係の第三者が協力してくれる場合、まず融資に応じてくれます。血縁や親族でない全くの第三者の場合は融資会社によって判断が分かれるでしょうが、連帯保証人として融資に応じてくれるケースもあります。
とは言っても全くの第三者から担保の協力を得て融資を受けることはそうないでしょうから、親の協力を得て不動産担保ローンを利用する場合、問題なく融資を受けることができると思います。

親の不動産を担保に資金を借りれる不動産担保ローン