親名義の不動産で起業できる?

起業資金を借りたい、でも自分名義の不動産はない…

そんな時でも、もし親御さんが同意してくれるなら、親名義の不動産を担保にして不動産担保ローンを借りることができます。

起業するのには少なくても数百万円~数千万円のお金が必要になります。そんな大金を貯金するのはまず無理だし、お金を貯めるのに時間を掛けすぎて、ビジネスチャンスを逃しては元も子もありません。
銀行では、開業医などよっぽど条件が良い人にしか起業資金を貸してくれませんし、国のローンは誰もが借りたいため、なかなか自分の番が回ってこないということもあると思います。

そういう時は、ノンバンクの不動産担保ローン専門の会社で融資してもらうのがお勧めです。評価額も適正だし、多少難しい物件でも扱ってもらえます。また、国のローンが借りれるまでのつなぎ資金としての使い方もできます。

親に迷惑を掛けたくないという人もいるかもしれませんが、ここでご紹介している融資会社は、売却を前提とした融資は行っていません。あくまで不動産を活用するという位置づけでローンプランを考えてくれます。

第三者名義の不動産で起業資金を借りれる不動産担保ローン

お電話でのご相談はこちら 03-5246-7050

住宅ローンが残っていても不動産を担保にお金を借りれる?

住宅ローンが残っている状態でも、『事情があるのでこの不動産を担保に融資を受けたい』というケースがあります。
この場合新たに借りる分は第二抵当として借りることになりますので、第二抵当の融資でも取り扱ってくれる金融機関を探す必要があります。

またローンが残っている場合、どれくらい返済が進んでいるかも重要なポイントになります。建物に資産価値が必要なのはもちろんですが、担保としての価値はそれだけではなく、いくらぐらい返済が済んでいるかも担保評価に影響があります。
例えば5千万円のマンションを購入していて、返済がまだ1年しか済んでいない場合だと、希望の融資を受けることは難しいでしょう。
住宅ローンが残っている場合の融資は、不動産の評価額と返済済みの額のバランスを見て、融資額を決めることになります。

ローン返済中でも借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンは総量規制の対象外と思われがちですが、現在住んでいる居宅を担保にする場合、総量規制の対象となります。居宅以外の物件を担保にする場合は、総量規制の対象外で借りれます。
ただし借り換えも総量規制の対象外で借りれますので、金利を抑えるために借り換えたいという方は、第二抵当の融資を扱っている所に相談してみることをお勧めします。

下記に載せているのは、融資相談に力を入れている不動産担保ローンの専門会社で、無料で相談を行っているところです。

親族所有の不動産でも融資可能な不動産担保ローン

借り入れを希望する本人が不動産を所有していなくても、親・兄弟・子供・親戚が不動産を所有している場合、持ち主の同意があれば融資は可能です。

本人所有の場合と比べて条件が悪くなるのではないかと心配する方もいるかもしれませんが、きちんと同意を得ている場合は心配いりません。本人が不動産を所有している場合と、変わらない条件・融資額での借り入れが可能です。

親族所有の不動産でも融資可能な不動産担保ローン

納税資金としても借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンは使い方が自由なローンのため、法人税の納税資金としても利用できます。
使いみちが自由といっても、国や銀行では納税資金としての取扱いは難しいですが、ノンバンクの融資会社であれば大丈夫です。

中小企業の場合だと、運転資金を回すのに精いっぱいで、納税用の現金準備まで手が回らないこともあると思います。
納税するためのお金が期日までに用意できない場合や、現金はあっても別のことで使うことが決まっている場合は、融資を利用して期日までに納税した方が良いと思います。

国からの補助金を受けている、又はこれから受けたいと考えている方は、経営状態と同じく、納税に関しても審査の対象となりますので、きちんとしておく必要があります。
納税の期日が迫っている場合でも、不動産担保ローン専門の融資会社はスピード対応が可能なので、相談してみることをお勧めします。

納税資金としても借りれる不動産担保ローン

持ち分所有でもお金が借りられる不動産担保ローン

不動産担保ローンで融資を受けるには、基本的にお金を借りたい人本人の不動産の所有権が必要です。
ただし、持分所有でも、金融機関によっては融資を受けることができます。
※持分所有とは、例えば夫婦二人で購入した場合など、登記簿に二人以上の所有者が記載されている状態のことです。

自分一人が所有者の場合、不動産担保ローンで融資してもらえる金額の相場は、不動産評価額の7割前後です。
しかし持分所有での融資の場合、持分所有の比率で割ったより、融資額が少なくなります。
担保となる不動産の評価額が高ければ、持分のみの担保でも希望額を借りれる可能性はあります。

持分での不動産担保融資は、銀行では取り扱いがありませんので、ノンバンクの融資会社の中で、持分所有での融資を行っているところから借りる必要があります。

持ち分所有でもお金が借りられる不動産担保ローン