住宅ローンが残っていても不動産を担保にお金を借りれる?

住宅ローンが残っている状態でも、『事情があるのでこの不動産を担保に融資を受けたい』というケースがあります。
この場合新たに借りる分は第二抵当として借りることになりますので、第二抵当の融資でも取り扱ってくれる金融機関を探す必要があります。

またローンが残っている場合、どれくらい返済が進んでいるかも重要なポイントになります。建物に資産価値が必要なのはもちろんですが、担保としての価値はそれだけではなく、いくらぐらい返済が済んでいるかも担保評価に影響があります。
例えば5千万円のマンションを購入していて、返済がまだ1年しか済んでいない場合だと、希望の融資を受けることは難しいでしょう。
住宅ローンが残っている場合の融資は、不動産の評価額と返済済みの額のバランスを見て、融資額を決めることになります。

ローン返済中でも借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンは総量規制の対象外と思われがちですが、現在住んでいる居宅を担保にする場合、総量規制の対象となります。居宅以外の物件を担保にする場合は、総量規制の対象外で借りれます。
ただし借り換えも総量規制の対象外で借りれますので、金利を抑えるために借り換えたいという方は、第二抵当の融資を扱っている所に相談してみることをお勧めします。

下記に載せているのは、融資相談に力を入れている不動産担保ローンの専門会社で、無料で相談を行っているところです。

ローンがあっても融資可能な不動産担保担保ローン

住宅ローンを返済中でも、事情によって別途借り入れをする必要が出てくるケースもあると思います。
ローンを返済中の物件でも、担保に余力があれば通常は不動産担保ローンを利用することができます。
ただし、金融機関の条件によっては利用できない場合もあるため、ローン返済中の不動産でも担保として扱ってくれる融資会社にお願いする必要があります。

銀行では、住宅ローン返済中の不動産ではまず借り入れはできないと思います。
ローン返済中の不動産でも取り扱いがあるのは、ノンバンク系の不動産担保融資会社です。
とくに不動産担保ローンを専門に取り扱っている金融会社であれば、担保物件が多少特殊なものでも対応してくれるので、不動産担保ローン専門のところで申し込みするのがお勧めです。

ローンがあっても融資可能な不動産担保担保ローン

二番抵当でも借りれる人気のノンバンク不動産担保融資

物件の担保余力にもよりますが、不動産担保ローンの専門会社であれば、二番抵当でのローンも取り扱ってくれることが多いです。
預金・為替業務を行わない貸金業者は全てノンバンクとなりますので、ノンバンクの会社にも色々ありますが、ここでご紹介しているのは中堅クラスの不動産担保ローン会社です。

大手のようにテレビ広告で宣伝はしていませんが、中堅クラスの融資会社の中には、宣伝費分を融資実行などで借り手に還元しているところもあります。
実績を挙げれば口コミや紹介などでお客さまが増えていくので、あえてテレビでの宣伝は行わないという考え方です。
ここでご紹介しているのもそういった会社で、不動産担保融資を専門に扱っている会社です。
不動産担保融資のみに的を絞っているかわりに、不動産関係のことなら非常に経験が豊富なので、二番抵当であったり利用上の制限がある物件であったりの難しい物件でも、きちんと評価して融資につなげてくれます。

二番抵当でも借りれる人気のノンバンク不動産担保融資

抵当権の順位不問の不動産担保ローン

住宅ローンの抵当権が付いていたり、他社の抵当権が第一順位で設定されている場合、同じ不動産を担保に融資を受けようとすると、融資元の金融会社は抵当権を第二順位で設定することになります。
銀行など、金融機関によっては第一順位でしか融資しないところもありますが、ノンバンク系の融資会社の中には柔軟に対応してくれるところもあります。
抵当権の順位に関わらず、担保余力や希望金額によっては、希望に添うかたちで融資してもらえることもあります。
第二順位以下で不動産担保ローンを利用したいときは、抵当権の順番で審査を落とす所ではなく、担保となる不動産をしっかり評価してくれるところに相談することをお勧めします。

抵当権の順位不問の不動産担保ローン

二番抵当でも借りれる不動産担保ローン

第二抵当でも不動産担保ローンを利用できる場合があります。
第二抵当として融資を検討する時、不動産の価値とローン借入額のバランスをみて審査が行われます。担保とする不動産の価値が高く、今までの融資額と新たに借りたい金額を上回っているとき、同じ不動産を担保に新しい融資を受けることができます。

すでに抵当権がついている物件でも、返済が進むと、担保に余力があるがある状態となります。
その余力分に抵当権を付けて、二番抵当として融資してもらうことができます。

下記に載せているのは、不動産担保ローンを取り扱っていて、無料相談があるところです。
申し込みフォームに必要事項を記入するか、電話で問い合わせると、ご自身のケースではどれくらい余力があって、いくらぐらい融資できるのか聞くことができます。
(※申し込みフォームとありますが、相談だけでお金を取られることはありません)

二番抵当でも借りれる不動産担保ローン