リノベーションの資金として借りれる不動産担保ローン

最近注目が集まっているリノベーションですが、リフォームと何か違うの?と疑問に思われる方もいると思います。
リノベーションは建物に新たな付加価値を与えることを目的としており、間取り変更や、それに伴って水廻りの配管を移動したり、構造補強なども必要に応じて行われます。
リフォームは新築当時の原状回復なので、壁紙を張り替えて綺麗にしたりと、比較的小規模な工事で済むこともあります。

リフォームは新築時の状態へ復元することです。
リノベーションは間取りなども大幅に変えてしまうので、改修と言えると思います。

リノベーションは間取りを自分の都合の良いものに変更したり、内装も好みのものに変えることができます。
計画を進めるうちに、リノベーション予算は得てして膨らんでしまう傾向にあります。
資金の目処をつける時に、ある程度余裕を持って予算を組んでおくのも一つの手だと思います。

資金の調達先として、真っ先に挙がるのは銀行だと思いますが、銀行では、担保があっても個人の信用情報がしっかりしていないとお金を貸してくれない傾向にあります。年収や勤め先などで希望額を借りれなかったり、そもそも審査に通らないということもあるかもしれません。
そんな時に比較検討したいのが、ノンバンク系の不動産担保ローンです。

ノンバンクだと不安に思われる方もいるかと思いますが、経営が安定して、きちんと実績がある所を選べば問題ありません。
ここでご紹介しているのは、20年近く営業し、安定した融資実績がある不動産担保ローン会社です。
銀行では希望した融資が受けられないという方は、検討をお勧めしています。

リノベーションの資金として借りれる不動産担保ローン