不動産を担保にしてお金を借りる時にかかる金額

ご存じない方も多いと思いますが、不動産を担保にして融資を受ける際には、鑑定費用や事務手数料などの諸費用が必要となります。
調べていくうちにそういった費用が必要だと知った方でも、『で、実際にいくらかかるの?』と疑問に思われる方もいると思います。
しかし、これは完全にケースバイケースなので、見積もりや仮審査をしてもらわないと、自分の場合一体いくらかかるのか分からないのが難しいところです。

一つ言えるのは、悪徳業者でなければ、およその金額を知るのは無料でできます。
下記にリンクしているのは、相談が無料で行えて、実際にローンを契約するまで費用がかからない不動産担保ローン会社です。
実際に契約して融資を受けるときには、手続きに必要だった所費用や事務手数料などを支払う必要がありますが、自分の担保物件でいくら借りれていくら手数料がかかるのか調べて、それで契約に至らなかった場合、費用は必要ありません。

「まずちょっと調べてみたい」段階で申し込みするのは不安な方もいると思いますが、ここは申し込み=契約ではありませんし、無理な営業もない所なので、とりあえず評価を知りたい方でもお勧めです。

無料で相談に応じてくれる不動産担保ローン融資会社

不動産担保ローンで初期費用が安い金融会社

不動産担保ローンを利用するには初期費用が必要経費としてかかってきますが、この中の一つが『不動産の鑑定費用』です。
担保となる不動産の価値(評価額)を査定するのにかかる費用ですが、この鑑定額も意外と馬鹿にできません。

サービスで行えればいいのでしょうが、査定には専門の知識が必要なため、不動産鑑定士に依頼する事になります。
実際にいくらと決まっている訳ではありませんが、例えば1000万円融資を行う場合には3%〜5%ほどかかるケースが多いと思います。

貸してくれる金融会社によって先払いの所もありますが、融資金額から差し引いてくれる所もあります。
不動産鑑定金額をおよそでも知っておきたいという方には、メールか電話で対応してくれる金融会社もあります。

初期費用が安い不動産担保ローン

不動産担保ローンにつけ込んだ悪徳鑑定

不動産担保ローンを利用するには初期費用が必要経費としてかかってきますが、この中の一つが『不動産の鑑定費用』です。

担保となる不動産の価値(評価額)を査定するのにかかる費用ですが、この鑑定額も意外と馬鹿にできません。
サービスで行えればいいのでしょうが、査定には専門の知識が必要なため、不動産鑑定士に依頼する事になります。
この不動産鑑定士を装って、多額の鑑定費を請求する悪徳業者もいるようなので注意が必要です。

鑑定費だけで多額の金銭を要求され、不動産担保ローンを利用する前に経費を支払うよう迫られたというケースもあります。
不動産担保ローンの悪徳業者に関する事は、下記も併せてご確認下さい。

不動産担保ローンの悪徳業者を見抜く

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン

不動産担保ローンの査定にかかるお金

不動産担保ローンを利用する時、対象となる不動産の不動産評価額を査定する必要があります。
この不動産評価は不動産鑑定士が行うことが多いです。
実際にいくらと決まっている訳ではありませんが、例えば1000万円融資を行う場合には3%〜5%ほどかかるケースが多いと思います。

貸してくれる金融会社によって先払いの所もありますが、融資金額から差し引いてくれる所もあります。
不動産鑑定金額をおよそでも知っておきたいという方には、メールか電話で対応してくれる金融会社もあります。

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン