不動産担保ローンは評価額のどれくらい借りれるの?

不動産担保ローンは、担保となる不動産の、不動産評価額の何割くらい借りれるものなのでしょうか?
相場では不動産の評価額の7割前後と言われていますが、どの金融機関から借りるかによっても変わってきます。ノンバンクの融資会社では7割前後の融資がスタンダードですが、銀行では不動産評価額の5割までというのが通例という感じです。

そこで、どの金融機関から借りるのか選ぶ必要があります。
自分が優先する条件によっては、銀行から借りれないこともありますので、よく検討する必要があります。

・どうしても希望額を借りたい方
・急いでいるので、遅くとも2~3日中に融資して欲しい方
・二番抵当以下の順位で不動産担保ローンを借りたい方

上記の条件に当てはまる方は、銀行よりノンバンク系の金融機関からの融資を検討した方がいいかもしれません。
またノンバンクの中でも、不動産担保ローンを専門に取り扱っている融資会社から借りるのがお勧めです。
融資の金額も相場どおりのことが多いですし、不動産担保ローン専門だけあって、少々難しい物件でもきちんと評価した上でお金を貸してくれます。

融資相談に力を入れている不動産担保ローン

不動産担保ローンの融資額の相場はどれくらい?

数百万円単位のまとまった金額を借りたいとき、低金利で長期間借りられる『不動産担保ローン』を検討される方は多いと思います。
通常の無担保融資では、500万円以上の大金を借りることはかなり難しいですが、担保があれば比較的大きな金額でも借りやすくなっています。
不動産担保ローンを利用するとき、一体いくらぐらい借りれるのか、皆さん気になるところだと思います。

もちろん担保となる不動産の価値にもよりますが、不動産担保ローンの融資額には、およその目安があります。
融資してもらえる金額は担保不動産の価値によって左右されます。融資額の上限は、その融資会社が定める上限の範囲内であれば、担保不動産の評価額の7割前後が相場となっています。

ただしこれはあくまでも目安なので、金融機関によってはこの限りでない場合もあります。
最近の銀行の傾向としては、評価額の5割程度と、融資上限が低めです。
銀行では借りれないという方、銀行では希望の条件に満たなかったという方は、不動産担保ローンを専門に扱っている融資会社がおすすめです。

融資金額が高めの不動産担保担保ローン

不動産担保ローンで借りれる金額の相場は?

不動産担保ローンで借りれる融資額の相場は、担保にする不動産の評価額の7割前後とされています。
ただ、銀行はリスクを避けるため、不動産評価額の5割前後の融資しか行っていません。
融資希望額が不動産評価額の5割より低いなら問題ありませんが、不動産評価額の5割を融資希望額が上回るようであれば、借り入れ先を見直す必要が出てきます。

そこで候補として挙がるのが、ノンバンク系(※)の不動産担保ローン会社です。
ノンバンク系は不動産評価額の7割と、相場どおりの金額で融資してくれることが多いです。
※ノンバンクとは、預金・為替業務を行わない金融業者のこと。

確かにノンバンク系の方が金利は高い傾向にありますが、銀行が3%台~に対してノンバンクは4%台~ほどです。
大きな金額を長期間借りれば、1%前後の違いでも大きな違いにはなりますが、『確実に〇〇円用意しなければならない』という場合にはノンバンクが頼りになります。
それぞれの事情に合わせて、ローンを比較し使い分けてください。

不動産評価額の7割借りれる不動産担保ローン

不動産を担保に600万円借りたい

500万円以上の金額を融資してもらいたい場合、担保や保証人なしでお金を借りるのはかなり難しいと思います。
金融法改正に伴って、年収の三分の一を超えて借入れ出来なくなったので、500万円を借りるにしても、1,500万円以上の年収が必要という事になります。
一般的な消費者金融では上限額が500万円となっている所がほとんどですし、あまり大きい金額だと保証なしで貸すのは難しいです。

いっぽう不動産を担保にすれば、不動産の価値に見合った大きな金額を借りる事ができます。金利も抑えられますし、返済期間も長期で少しずつ返す事ができるため、借換えなどにも向いています。返済計画を余裕を持って立てられるになるので、人生設計を立て直すことも可能です。

不動産を担保に600万円借りたい

不動産担保ローンにおける審査の通りやすさの違い

銀行の場合、極力リスクを避けるため、担保があっても勤続年数や収入などの制限を設けたり、不動産評価額の五割程度しか融資しなかったりという事があります。
(不動産担保ローンの融資額の相場は、不動産評価額の7割程度)

お金を借りる時に真っ先に思い浮かべるのは銀行だと思いますが、収入等の条件で審査に通らなかったり、貸してくれる金額に納得ができないという方は、銀行以外の消費者金融に目を向けてみることをお勧めします。
銀行でお金を借りる魅力の一つに金利が低い事が挙げられますが、不動産担保ローンにおいては、消費者金融と銀行と比べても金利に遜色はありません。不動産という担保があるため、金利を低くおさえることが出来るのです。

貸し渋りにあって困っているという方は、実績があって信頼できる金融会社なら、思った条件でお金を借りる事ができるかもしれません。

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン