不動産担保ローンにつけ込んだ悪徳鑑定

不動産担保ローンを利用するには初期費用が必要経費としてかかってきますが、この中の一つが『不動産の鑑定費用』です。

担保となる不動産の価値(評価額)を査定するのにかかる費用ですが、この鑑定額も意外と馬鹿にできません。
サービスで行えればいいのでしょうが、査定には専門の知識が必要なため、不動産鑑定士に依頼する事になります。
この不動産鑑定士を装って、多額の鑑定費を請求する悪徳業者もいるようなので注意が必要です。

鑑定費だけで多額の金銭を要求され、不動産担保ローンを利用する前に経費を支払うよう迫られたというケースもあります。
不動産担保ローンの悪徳業者に関する事は、下記も併せてご確認下さい。

不動産担保ローンの悪徳業者を見抜く

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン

不動産担保ローンの悪徳業者を見抜く

悪徳業者かどうか見分ける事も大事です。

テレビCMなどでよく目にしたり耳にするような金融会社に似せた社名で、借り手を勘違いさせるような業者もいます。
これは有名な会社の名前に似せて相手を信用させる手口の詐欺行為です。
こういった業者は金融庁や貸金業協会に認められていないので、登録番号がないか、もしくは他の会社の番号を騙っている事もあります。
サイトなどに貸金番号が書いてあってもかならず確認しましょう。

金融庁|登録貸金業者検索
日本貸金業協会|協会員検索

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン