不動産担保ローンで借りれる金額の相場は?

不動産担保ローンで借りれる融資額の相場は、担保にする不動産の評価額の7割前後とされています。
ただ、銀行はリスクを避けるため、不動産評価額の5割前後の融資しか行っていません。
融資希望額が不動産評価額の5割より低いなら問題ありませんが、不動産評価額の5割を融資希望額が上回るようであれば、借り入れ先を見直す必要が出てきます。

そこで候補として挙がるのが、ノンバンク系(※)の不動産担保ローン会社です。
ノンバンク系は不動産評価額の7割と、相場どおりの金額で融資してくれることが多いです。
※ノンバンクとは、預金・為替業務を行わない金融業者のこと。

確かにノンバンク系の方が金利は高い傾向にありますが、銀行が3%台~に対してノンバンクは4%台~ほどです。
大きな金額を長期間借りれば、1%前後の違いでも大きな違いにはなりますが、『確実に〇〇円用意しなければならない』という場合にはノンバンクが頼りになります。
それぞれの事情に合わせて、ローンを比較し使い分けてください。

不動産評価額の7割借りれる不動産担保ローン

低金利で借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンは不動産という確かな担保があるため、金融機関側の貸し倒れのリスクは少なくなります。そのため、低金利で大きな金額を融資することができるのです。
ノンバンク系の金融機関は、銀行と比べると金利が割高という印象がありましたが、最近では金利競争の影響で利率の差も小さくなっています。不動産担保ローンの融資条件も、銀行と比べると借りやすい傾向にあり、金融会社によっては銀行よりも大きな額の融資を受けることができるところもあります。
またノンバンク系の金融機関の強みは何と言っても融資スピードがありますので、銀行と比べて遜色ない金利と、即日〜三日以内に融資を受けられる融資の早さで、事業をされている方が利用されることが多いようです。

低金利で借りれる不動産担保ローン

マンションのローン返済中でも借りれる金融金融業者

不動産担保ローンでは、土地・一軒家・ビル・マンションなどの担保で、低金利で大きいお金を借りる事が出来ます。
担保にできる不動産をお持ちなら、低い金利でお金を貸してもらえるのでお勧めです。

不動産担保ローンは銀行だけでなく、不動産担保ローンを扱っている金融会社で借りることができます。
貸してくれる限度額は、不動産評価額の7割が一般的ですが、銀行では5〜6割しか貸さない事もあります。
不動産の評価額は査定する会社によって多少変わることもあるので、どこから借りるのかよく吟味して決めて下さい。

日本全国対応のアイアイ不動産担保ローンにまずはご相談を!

不動産担保ローンは色々なことに使える

不動産担保ローンは金利が低く、また貸し手側からしてもリスクの低い非常に有利な融資なため、さまざまなケースで利用できると思います。
例えば、

  • 金利が高いときに借りてしまった住宅ローンの借り換え資金
  • 車の購入資金
  • 教育資金
  • 複数の借り入れを一本化するため

などなど、今の借り入れの状況を見直してみると案外、不動産担保ローンに切り替えたほうがお得になる場合は多いのではないでしょうか。
今後の返済計画をいちど見直してみると、金利にかかるお金などを節約できるかもしれません。

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン

不動産担保ローンの金利について

不動産担保ローンは比較的低金利と言われていますが、実際はどのくらいなのでしょうか?

金融機関によっても異なりますが、一般的に、5~15%くらいの金利になります。
不動産担保ローンは不動産を担保にしているため、無担保のローンより金融機関側のリスク(貸したお金を返してもらえないリスク)は低くなります。
そのため、無担保のキャッシュローンと比べると金利は低く設定されています。

金融機関によって金利が異なるのはもちろんですが、変動金利か固定金利かといった種類も違っている場合があります。
いくつかの金融機関を見比べて自分にあった金利の種類を選ぶことが大切です。

金利の話などはちょっと難しく感じるかもしれませんが、金融機関の担当の人が親身になって説明してくれます。
どうすれば金利が押さえられるか、どういう借り方・返し方が自分たちのライフプランに合っているのか、丁寧に相談にのってもらえます。
まずは一度、ご自身が行きやすい金融機関で相談してみる事をおすすめします。

不動産担保ローンで融資相談に力を入れている金融会社