住宅購入のためのつなぎ融資ができるローン

つなぎ融資には大きく分けて、運転資金などの事業性のものと、個人が住宅購入する際のものがあります。
つなぎ融資はどの金融機関でも扱っている訳ではないので、つなぎ資金を調達したい場合は、まずつなぎ融資を扱っている金融機関を見つけなければなりません。

個人でつなぎ融資を利用する場合、公的融資を活用して不動産を購入する場合と、買い替えの場合の二つのケースが考えられます。

個人の住宅購入にどうしてつなぎ資金が必要になるかというと、物件の引き渡し(所有権、抵当権の登記)から住宅ローン融資の実行日までの間に、タイムラグがあるためです。
住宅金融公庫の住宅ローンは抵当権設定登記した後でなければ融資が実行されません。その抵当権を登記するためには、不動産会社に代金を支払い、物件を購入する必要があります。
登記をして、その後融資が実行される日までの間に、一時的に別の金融機関から資金を借りるのがつなぎ融資です。
住宅購入のためのつなぎ融資ができるローン

利用の流れとしては、以下のようになります。
  1.融資会社からつなぎ融資をしてもらう
  2.不動産会社に支払い
  3.登記
  4.公庫から融資をしてもらう
  5.つなぎ融資を返済

また、住宅買い替えのケースですが、現在住んでいる住宅を売却し、その資金で新たに住宅を購入するとき、すぐに物件が売れるとは限りません。
その前にどうしても気に入った住宅が見つかった場合などに、前の住宅が売れるまでの間をつなぐのもつなぎ融資です。
住宅買い替えのためのつなぎ融資ができるローン

事業性のつなぎ資金を借りたい時に役立つ不動産担保融資

つなぎ融資はどの金融機関でも取り扱っている訳ではないので、まずつなぎ融資を利用できる融資会社を探す必要があります。
事業性のつなぎ融資の場合、緊急性が高いことが多いので、即日融資にも対応したつなぎ融資ができる融資会社だとベストです。

「三ヵ月後に入金があるので、それまでの間の資金繰りのために何とかつなぎ融資で繋ぎたい」「月末までになんとかつなぎ資金を借りたい!」という緊急の場合でも、スピード対応してくれるところなら、早ければ即日~二・三日中に融資してもらうことが可能です。
急いでつなぎ資金を借りたい時に役立つ不動産担保ローン

また事業者向けに国の色々な助成金がありますが、助成金を受けられることが決まっても、助成金が下りるまでには時間がかかるので、助成金が支給されるまでの間のつなぎとして不動産担保融資が受けられます。

不動産業者の方向けのローンもあるので、転売用不動産の購入資金としても利用できます。
絶対に売れる良い物件を見つけたけれど、手持ちの資金では足りない…というときでも、すぐにつなぎ資金で物件を購入できます。

つなぎ資金を借りたい時に役立つ不動産担保ローン

短期的なつなぎ資金としても借りれる不動産担保ローン

不動産担保ローンは、10年や20年などの長期間借りるローンというイメージが強いと思いますが、長期間借りることが可能なだけであって、長期間借りなければならない訳ではありません。
数ヶ月単位の、借りてすぐ返す短期利用も可能です。まとまった資金を、低い金利で好きな期間借りれるのは助かりますよね。

不動産購入や転売など、また2ヵ月後に入金の予定があるが、今支払いをしなければならないものがあるといった場合でも、不動産を担保にした短期事業ローンが便利です。
不動産担保ローンは、決済までにスピードを要するような緊急案件にも対応して貸してくれるので、つなぎ資金としての使い方に向いているローンです。

短期的なつなぎ資金としても借りれる不動産担保ローン

つなぎ資金にも使える不動産担保ローン

運転資金・設備資金・開業資金・つなぎ資金に使える不動産担保ローン

つなぎ融資とは、まとまった金額の入金があることが見込める状態ではあるものの、入金まで少し時間がかかる場合や、入金より前に支払いなどをする必要がある場合などに、その間の期間だけ融資をしてもらうというものです。
こういった短期間のローンは、金融機関によっては不動産担保ローンでの利用を認めないところもあるので注意が必要です。

ここでご紹介しているのは、短期間の利用でも可能な不動産担保ローンを扱っている金融業者です。
銀行は金利が低いことや信用力があることで人気ですが、融資が下りるには時間がかかります。下記の不動産担保ローンなら、銀行の融資がおりるまでのつなぎとしても利用できます。

つなぎ資金にも使える不動産担保ローン

自営業の資金調達に最適な不動産担保ローン

個人事業主(自営業)の方は、資金調達方法に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。
赤字の時に無闇に借り入れを増やすと、だんだんと高い金利の所からしか借りれなくなって穴埋めを繰り返し、最終的には倒産といったことになりかねません。なるべくなら借り入れを増やさないことが原則ではありますが、資金繰りは事業をしていく上では避けられないものです。
ですので、きちんと計画を立てて、金利の低いローンを利用することが重要です。
不動産担保ローンは低い金利でまとまった金額の融資を受けることができますし、返済の際でも低金利の分、支払い利息を節約することができます。

ここでご紹介している不動産担保ローンは、赤字決算でも借りれる不動産担保ローンです。
決算内容や設立年数や資本金などに不安がある事業主の方でも、それ以外の事業計画や事業意欲などで評価してもらえます。
融資までの時間も、即日から三日程度で借りることができるので、急いでいるときでも頼りになります。

自営業の資金調達に最適な不動産担保ローン