新規事業展開をサポートしてくれる不動産担保ローン

新規事業のための資金を調達しようとしたとき、まずは国や銀行から借りることを考えると思います。
しかし国のローンは条件がせまくて、自分は当てはまらない場合もありますし、多くの人が最初に検討するローンのため、競争率も高いです。
また、銀行は絶対に損がでないように運用しなければならないため、少しのリスクでも避ける傾向にあります。
そのため、実績を重視して審査するのですが、これだと新規事業者は借りれないことになります。
全く借りれないということはないのですが、新規事業や開業でも借りれるのは、医者など本人の個人属性がかなり良い人となります。

新規事業展開をサポートしてくれる不動産担保ローン

ノンバンクの融資会社は、見込みがあったら多少リスクをとっても融資してくれます。
ノンバンクと聞くと「大丈夫?」と思う方もいるかもしれませんが、ノンバンクとは預金などの業務を行わない融資業者のことなので、銀行以外はほとんどノンバンクばかりです。
ここでご紹介しているのは20年の実績がある融資会社ですし、不動産担保ローンを専門に扱っているところのため、多少難しい案件でもきちんと対応して取り扱ってくれます。

実績ある不動産担保融資会社

開業資金に困った時に使える不動産担保ローン

自分のお店を開業するときや、会社を立ち上げるときなど、開業資金を全て貯金からまかなえるという人は、なかなかいないと思います。

お店や会社を始めたとしても、開業してから軌道に乗るまでのしばらくの間は赤字も出るでしょうし、必要な金額は数千万円にのぼることもあると思います。
それだけの金額を貯金するのは、かなり大変で時間がかかります。

ビジネスに関しては「これをやるなら今」というようなタイミングも重要であり、お金を貯めてからでは機を逸し、他の人にチャンスが回って行ってしまいます。
そのため最近では、開業資金の調達源として不動産担保ローンを利用する人が多くなってきています。

不動産担保ローンは、自宅や相続した不動産の他、協力があれば第三者名義の不動産でも担保として利用することが可能です。
また担保があるため金利が低く、返済していく期間も長期に設定できるため、自分のペースで返済計画を立てやすいのが魅力です。
担保にする不動産の価値にもよりますが、まとまった金額を融資してもらえるので、起業の計画や、開業後の事業計画なども見通しをつけやすくなります。

開業資金に困った時に使える不動産担保ローン