不動産担保ローンの借り入れ条件

不動産担保ローンを利用するには時の条件とは、どのようなものでしょうか?
詳細な条件は各金融会社によって違いますが、大きくは以下の二つの事が挙げられます。

(1)不動産の所有権があること
不動産担保ローンで融資を受けるには、基本的に所有権が必要です。
ですが100%の完全な所有権がなくても、不動産担保ローンを受けられる場合もあります。

【関連記事】
 ・家族と共有で持っている不動産を担保にできますか?

(2)不動産に担保価値があること
担保にする不動産があっても担保価値がなければ不動産担保ローンは利用できません。担保価値とは、その不動産を売却したときに得ることができる対価で、一般の市場価格を基本に不動産価格を算定します。住宅地やマンション、ビルなどは比較的簡単に担保価値を算定できますが、不動産によっては市場性がなく担保価値がない場合もあります。また抵当権がある場合には、不動産価格からその借入額を差し引いた残額が担保価値となります。

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン

100万単位でまとまったお金の融資が必要なとき

事業者の方なら、事業資金、開業資金、運転資金、各種ローンの一本化、その他の急な出費など、まとまった資金が必要になる事があると思います。
また個人の方でも、自宅のリフォームや耐震補強の資金、不動産売買時のつなぎ資金(頭金など)、教育資金、カードローンの整理一本化などで、一時的にまとまったお金が必要になる事があると思います。
そんな時に、お持ちの不動産を担保にすることで、カードローン等の各種フリーローンより低金利でまとまった資金をご融資することができます。

100万単位でまとまったお金の融資ができる金融会社

不動産担保ローンで他社からの借り換えはできるのか?

不動産担保ローンで、他の金融機関からの借り入れを借換えすることは可能です。
しかし銀行から借り換えるとなると、必ずしもできる訳ではありません。
不動産を担保とする銀行ローンはありますが、問題は銀行が他社からの借り入れの借り換えを認めるかどうかです。

銀行によっては不動産担保ローンの資金使途として他社の借金の借換えを認めていないところがあります。
このような場合にはどれだけ不動産の担保価値があっても、借金の借換えのために不動産担保ローンは使えません。

したがって、多謝の借金の借換を認めている銀行か、もしくは借り換えでの不動産担保ローンを扱っている消費者金融でローンを申し込むことになります。
各銀行のホームページで不動産担保ローンの商品概要を見れば、借金の借り換えに使用できるかどうか確認することができます。
概要では確認できない場合、電話などで問い合わせれば答えてくれます。

不動産担保ローンで他社から借り換えできる金融会社

不動産担保ローンの特徴(長所と短所)

メリット(良い点)
・金利が低めに抑えられている
・借入額の上限が高く、まとまった資金需要にも対応してもらえる
・長期間にわたっての返済が可能なため、毎月の返済額を低く抑えることができる

デメリット(注意する点)
・事務手数料
不動産を担保に借入れをするには、その不動産の担保としての価値を事前に調査・鑑定し、融資実行時には不動産登記簿謄本に登記する必要があります。そのため、登記費用・印紙代が実費負担となる点や融資にかかる事務手数料が必要になる場合もありますので注意すべきです。
例えば1,000万円を不動産担保ローンで借入れる場合、登記費用・印紙代、事務手数料を含めて30~50万円ほどの費用負担を考えておく必要があります。

・借りれるまでの時間
審査時間はだいたい3~4日、融資の実行までの時間は、最短で1週間程度ですが、物件によっては、調査・鑑定や審査に時間がかかる場合もありますので、時間的な余裕もみておくべきです。

・借り入れ限度額
金融機関の担保価値評価によっては、借入限度額が変わってくることも考慮すべき点です。

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン

不動産担保ローンの基礎知識

不動産担保ローンとは?
名前の通りですが、保有する不動産(土地家屋など)を担保にして資金を借りるローンのことです。
クレジットカードやキャッシングなどのローンの場合は、その人自身の信用度が担保となるローンです。しかし不動産担保ローンの場合はこれらと違って、個人の信用を超える範囲であっても、担保する不動産の価値に応じて大きな資金を借りることができます。
また、不動産という担保があり貸し倒れのリスクが小さくなることから、金融機関から低金利での融資を受けることができます。

不動産担保ローンとは、『長期間・低金利で・大きな金額を借りる事のできるローン』と言えます。

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン