不動産担保ローンは何歳まで借りれるの?

不動産担保ローンは、完済時の年齢として60歳までや70歳までといった上限を設けている金融機関もあります。
不動産担保ローンは、20年や30年の長期に渡って借りることができるローンですが、年齢制限があるとその限りではありません。

例えば50歳のAさんが20年のローンを組みたくても、金融会社の規定に『完済時の年齢が60歳まで』となっていれば、最長でも10年までしか借りれません。Aさんのケースでも、Aさんが10年で返せる金額しか借りれないローンプランとなってしまいます。

ここは年齢制限がないところなので、収入はあるのに年齢で断られたとか、年齢がネックになって長期の借り入れができない方にはおすすめです。60歳以上でも、返済原資がある人は借り入れができます。

年齢制限なしで貸してくれる不動産担保ローン会社

お電話でのご相談はこちら 03-5246-7050

年齢制限なしで借りれるノンバンク不動産担保ローン

返済原資があれば、何歳でも不動産担保ローンの利用は可能です。
金融機関によっては年齢で線引きをするところもあるため、どこでも借りれるという訳ではありませんが、年齢制限を設けていない融資会社はあるので、そういった所でなら不動産担保ローンで融資を受けられます。
銀行は年齢で線引きをしているので、ノンバンクの融資会社の中で、年齢以外の基準をきちんと見てくれるところを探す必要があります。

ここでご紹介する融資会社は、返済原資があるかどうか、担保不動産の価値、事業者なら事業計画や将来性など、あらゆる項目を総合的に見て判断するため、年齢は絶対の条件ではありません。
年齢制限なしで借りれるノンバンク不動産担保ローン

60歳のAさんが、年齢制限が70歳の融資会社に申し込みをした場合を例にします。
Aさんが20年の返済計画で融資を希望した場合、完済時の年齢が80歳になってしまうため、年齢制限の上限にひっかかって、この融資会社からは断られることになってしまいます。

年齢制限があると、自営業の方や、不労収入がある方は、返済原資があるのにお金を借りれないことになってしまいます。
こういった問題を解消してくれるのが、年齢だけを重視しない不動産担保融資会社です。

高齢でも借りれる不動産担保融資

金融機関によっては完済時の年齢が65歳以下や70歳以下などの年齢条件があります。
近年は65歳以上でも働いている方も少なくありませんし、若い方と比べても健康状態がそん色ない方も多くいらっしゃいます。
これらの事情を考えると、一概に年齢を理由に不動産担保融資を断わることは問題があるのではないかと思いますが、銀行などの金融機関では、高齢だと融資をしてもらえなくなります。

そこで、ノンバンク系の不動産担保ローン融資会社(中堅クラス以上に限る)をお勧めします。
高齢でも借りれる不動産担保ローン

ここでご紹介しているのは、もちろん中堅クラスの不動産担保ローン融資会社(18年以上の実績有り)です。
ここの不動産担保ローンは、まず担保となる不動産を評価の主軸に置きます。そのため、その他の項目もきちんと評価しますが、個人の信用力や属性などは審査の結果にあまり影響しない場合があります。
もちろん信用力や属性は良いに越したことはありませんが、あまり良くなくてもその他の面でカバーできるということです。

条件項目を用意して、そのどれか1つでも引っかかったらダメという審査方法ではなく、色々な条件を考慮して総合的に審査しています。
そのため、年齢を理由に他の融資会社や金融機関では断わられた方でも、ここなら融資してもらえる可能性が高くなっています。

高齢でも借りれる不動産担保ローン

年齢条件なしで借りれる法人向け不動産担保ローン

不動産担保ローンでは、金融機関によっては完済時の年齢に制限がある場合があります。事業者の方などは、ここがネックとなって銀行などで不動産担保ローンを断られることがあるようです。
ここでご紹介している不動産担保ローンはノンバンク系になりますが、満20歳以上であればとくに年齢上限は設けていません。

不動産担保ローンは担保となる不動産価値が評価の柱となるローンですので、経営者の年齢や決算内容や設立年数だけにこだわった審査にはなりません。会社の将来性や事業意欲なども評価の対象となりますし、全体を総合的に見て判断を下します。

銀行では借主の年齢を含む多くの条件のうち、一つでも引っかかるものがあれば取引が成立しません。
ですが、きちんと経営されている信頼できるノンバンク系の金融会社なら、銀行では扱えない融資の希望に応えてくれます。

年齢条件なしで借りれる法人向け不動産担保ローン

高齢でも借り入れ可能な不動産担保ローン

不動産担保ローンを利用するとき、審査基準の一つに年齢制限があります。
例えば20年でローンを組んだときに、返し終わる頃に何歳になっているかで融資するしないを判断するというものです。
銀行では審査に制約があり(年齢制限も含みます)、この条件に一つでもひっかかる場合はお金を融資してもらうことができません。
では銀行で借りれない人はどうするかと言うと、多くの人はノンバンク系の金融会社の不動産担保ローンを利用します。

ノンバンク系だと不安に思う方もいるかもしれませんが、広告にお金をかけていない分堅実な経営をしているところもありますし、しっかりした中堅クラスの金融会社を選べば大丈夫です。
中堅金融会社に年齢制限がない訳ではありませんが、必ずしも借りれないという訳ではありません。
年齢以外の、その他の条件を考慮して貸してくれる場合があります。

高齢でも借り入れ可能な不動産担保ローン