信頼できる不動産担保ローンの見分け方

信用できる不動産担保ローン会社は、どうやって見分ければ良いのでしょうか?
悪質な金融業者のほとんどが、電話やFAXやダイレクトメールによって勧誘を行い、すでにある消費者金融と勘違いさせたり、大手の消費者金融の系列会社だと勘違いさせて申し込みをさせるような行為を行っています。
実際に申し込みをする前の段階で、いくつかチェックできる点がありますので、参考にしてください。

(1)ホームページ(公式サイト)がある
ホームページまで作っている所もないではありませんが、まずおおまかな目安にはなると思います。微妙に似ている名前で騙りをやる悪徳業者もありますので、注意して見てください。

(2)固定電話の番号や住所などがきちんと書かれている
貸金業者は、固定電話の番号を持ち、それをきちんと表示しておく義務があります。090金融はまず闇金と思って間違いないと思います。

(3)登録番号が表示されている
『東京都知事(1)12345号』や『日本貸金業協会会員 第123456号』などの表示をよく見かけると思いますが、きちんと営業している金融会社は、これらの期間に登録しています。
他の会社の番号を勝手に表示する悪徳業者もありますが、登録番号をインターネットで検索したり、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで調べれば嘘かどうか分かります。

信頼して借りられる不動産担保ローン会社
ここは金融庁や日本貸金業協会に登録されていて、正規の金融業者と確認の取れているところです。
業歴20年の不動産担保ローン専門の融資会社です。

お電話でのご相談はこちら 03-5246-7050

安心して借りれる不動産担保ローン

銀行で融資を断られた時や、銀行の融資額に納得がいかない時など、ノンバンク系の消費者金融の利用を考える方もいると思います。
ノンバンクというと不安に思われる方もいるかもしれませんが、悪徳業者と言われるのは全体からすればごく一部で、多くの企業は真面目に営業しているところがほとんどです。

ですが万一にも悪徳業者などに引っかからないために、借りたいと思っている金融会社が信用できるところなのか、見分けなければなりません。

悪徳業者かどうかを見分ける方法としては、日本貸金業協会や金融庁などに登録をして、許可を得て運営されている金融会社かどうか確認する必要があります。

安心して借りれる不動産担保ローン

高齢でも借り入れ可能な不動産担保ローン

不動産担保ローンを利用するとき、審査基準の一つに年齢制限があります。
例えば20年でローンを組んだときに、返し終わる頃に何歳になっているかで融資するしないを判断するというものです。
銀行では審査に制約があり(年齢制限も含みます)、この条件に一つでもひっかかる場合はお金を融資してもらうことができません。
では銀行で借りれない人はどうするかと言うと、多くの人はノンバンク系の金融会社の不動産担保ローンを利用します。

ノンバンク系だと不安に思う方もいるかもしれませんが、広告にお金をかけていない分堅実な経営をしているところもありますし、しっかりした中堅クラスの金融会社を選べば大丈夫です。
中堅金融会社に年齢制限がない訳ではありませんが、必ずしも借りれないという訳ではありません。
年齢以外の、その他の条件を考慮して貸してくれる場合があります。

高齢でも借り入れ可能な不動産担保ローン

安心して利用できる不動産担保ローンの選び方

信頼して利用できる不動産担保ローンを探すのは、なかなか難しいのではないかと思う方もいらっしゃると思います。
不動産担保ローンを利用したくても、金額が大きい取引なだけに、慎重になりますよね。
手続きや対処法など、分からない事が多くて不安に思う事もあるかと思います。
そこで、きちんとした営業をしている不動産担保ローン業者の選び方のコツをご紹介しておきたいと思います。

登録貸金業者とは?
登録業者かどうかというのは、信頼できる金融会社を選ぶ際のひとつの目安となります。
公式サイトの会社情報のページに
○○財務局長(2)第12345号
○○○知事(3)12345号

このような表記を見たことはありませんか?
これは、法に則ってしっかりと経営している金融業者を見分ける一番簡単なものです。
複数の都道府県に営業所を持っている貸金業者は、管轄の財務局長の登録を受けます。
ひとつの都道府県内に営業所を持つところは、各都道府県知事の登録を受けます。
ただ、登録番号を偽る悪質な業者もいるので、面倒でも金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで調べるようにしてください。

日本全国対応のアイアイ不動産担保ローンにまずはご相談を!

不動産担保ローンの選び方

不動産担保ローンの審査は、借主本人の属性評価(※)と物件評価のバランスで決まります。

※個人属性評価の基準
主に年収が審査の対象となります。証明する書類として、源泉徴収・確定申告書・納税証明書などを提出します。
次に見られるのが職業や肩書です。公務員や一部上場企業に勤めるサラリーマンや、 弁護士・医師といった士業など、安定感のある職業の方が評価は高くなります。また、勤続年数は長い方が評価が良いとされます。

評価が高い人の方が銀行の選択肢が増え、低金利で多額の融資を受けられることになります。
担保物件の評価額にもよりますが、『年収600万円であれば3000万円までなら融資可能』という具合に、不動産担保ローンは年収の5倍程度が上限というふうに審査する金融機関もあります(あくまで一例です)。

不動産担保ローンを利用する金融機関によって借りれる額は違って来るので、どこから借りるのかよく検討してみることをお勧めします。
一般的に銀行はリスクを避けて貸し渋りをする傾向もありますので、大きい額を借りたい方は、信用できる消費者金融を見つけて利用する方が、希望額を借りられるかもしれません。

適正な査定で貸してくれる不動産担保ローン